QRコード
QRCODE
インフォメーション

2009年05月02日

ネイルチップについて

女性にとってネイルといえば、今やもう欠かすことのできないオシャレの必須アイテムといってもいいでしょう。
でもまだまだネイルアートやネイルについて、あまりご存知ない初心者の方に対して、
ネイルについての基礎知識的なお話をしていきたいと思います。

その中でも、今日はネイルチップに焦点をあててお話したいと思います。
プラスチックで作られた付け爪のことを、ネイルチップといいますが、
爪の形をしたチップの着脱可能なもののことを、「ネイルチップ」と呼んでいるのです。
ネイルチップは、まず少し大きめのネイルチップを購入する方がいいのです。
なぜなら、市販のネイルチップがそのまま地爪に合うという人は殆どいないので、
根元のカーブや端を、やすりで削ったりしながら合わせるのが基本です。
色々ネイルチップの接着方法はありますが、一番簡単なのは両面テープを使用したもので、
他にも、粘着剤がネイルチップの裏についているような、便利なネイルチップもあるのです。
粘着剤を使用してネイルチップをよく接着させ、尚且つ地爪とよく密着していれば、
一週間くらいはつけたままでも大丈夫ですが、例えば地爪にカビが生えてしまったり、
時には接着剤にアレルギー反応を起こすという人も最近はいるようです。
ですから両面テープでよく吸着させて、長くても一日くらいではずすというのが、
安全で安心できる愉しみ方ではないでしょうか。
接着剤を使うより、両面テープで接着すれば、ネイルチップを何度も使用することが出来る上、より地爪にやさしいのです。
それでも実際は、衝撃によってネイルチップがはがれやすいというデメリットもあるのですが、
それでも両面テープでの接着の方が、ネイルチップ初心者には特にいいと思います。
最近では、自分の爪のサイズに合わせて通販できるサイトなどもあって、ネイルアートが施されたネイルチップを、
アクセサリー感覚で愉しむことができます。
実際に地爪にネイルアートをするよりも、ネイルチップを使用すれば、より手軽に、オシャレをしたい時だけ、
ネイルアートがたくさん楽しめるのでいいですよね。
ネイルチップをこまめにはずしていれば、ネイルアートを地爪にしている時のように、
日常の生活に支障が出るということは、まずありません。

色々な場面で、それこそTPOに合わせてネイルチップをつけたり、はずしたりすることで、
ONとOFFのメリハリがついていいのではないでしょうか。
たくさんの種類のネイルチップがあるので、その日の気分や出かける用途に合わせたものをつけて、
もっとオシャレを存分に楽しみましょう。


同じカテゴリー(ネイルチップ)の記事
 オーダーメイドのネイルチップについて (2009-05-07 23:59)
 ネイルチップサイズについて (2009-05-06 23:59)
 ネイルチップのつけ方について (2009-05-05 23:59)
 ネイルチップの通販について (2009-05-04 23:59)
 ネイルチップの作り方について (2009-05-03 23:59)